歯ぎしりを予防するには?の詳細

TOPページ > 歯ぎしりを予防するには?
歯ぎしりを予防するには?

歯並びに影響を与える歯ぎしり。
寝ているときにするものなので、本人は気付きません。
誰かと寝ているとき、自分の歯ぎしりに気が付いてくれたら、
それは「恥ずかしい!」と思ってもしまいますが、
とにかく、気付いてもらえたことに感謝してくださいね。

歯ぎしりはそれぐらい、
歯と顎に大きなダメージを与える行為なんです。

歯ぎしりの一番の原因は「ストレス」だといわれています。
もうひとつは、かみ合わせの悪さや、歯のバランスが悪いことなど
口の中の状態がよくないと歯ぎしりが置き易いとされています。

歯ぎしりを予防するには、ストレスを改善することが大切です。
リラックスして休むようにしましょう。
また、胃酸を押さえることで、
歯ぎしりが改善されると言う研究結果もありますので、
寝る前に食事をしないことも大切です。
アルコールも、もちろん止めておきましょうね。

先月、アクセス数が多かった記事BEST3
1位: 緊急時に役立つ口臭防止技
2位: キレイな口元を目指そう
3位: 口臭予防は正しいハミガキから


みんなの口臭体験談
会話をしていて口臭がする人がいます。 ツンと鼻につくような臭いを発している人は確かにいます。 小さい頃に「わぁ」と思ったのはある女友達なのですが甘ったるいような何とも 表現しがたい口臭の子がいたのを今でも覚えています。 しかしながら注意ができるかというとなかなか。 何故なら私自身も胃が悪いので時によっては自分も変な口臭を発している場合が あるかもしれないからです。 なので、口臭自体については注意するというよりも自分の臭いが外に出るのを 防ぎつつ相手のを臭わないようにするという意味で「マスク」をしていることが 多いです。 ただ、こちらに関しても注意はできないのですが年配の人で口臭なのか何なのか 分からないハッカ(=仁○という口内清涼剤?)のような臭いを発している人がたまに いるのですが、あれはかなりひいてしまいます。 もし口臭ではなくそういうものを食べていることにより発せられているとするならば 食べるのをやめた方が良いと注意(あの臭いが好きだという人には申し訳ないですが) したくなります。 あえて注意するとしたら父など自分の身内でしょうか? 性格的にも他人様に「口が臭いよ」だなんて口が裂けても言えません。
おすすめガイド
Copyright © 2012 口臭の原因を知る!正しい口臭対策 . All rights reserved