メイン

500治療が必要になる口臭とは アーカイブ

2011年11月01日

生理的な口臭と病的な口臭

クチが臭いのは、人間ならだれしもです。

同じ構造で、同じようなものを食べ、
同じような生活をしているんですから、
全くニオわない人はいません。

これを生理的口臭と言って、一般的に口臭と捉えられているモノです。

ただ問題は、ニオイとなる原因が多いか少ないかで、
においの強さが変わっています。
また、数値的に同じニオイを発しているとしても、
その人の性格や、環境によって「私はクサいかも…」と
思い込みをしまうこともありますよね。

コレとは別に、もうひとつ、病的な口臭があります。

生理的な口臭とは別に、何らかの原因があることで
異常なニオイを放っている場合です
この場合は歯科や内科などによる治療が必要となります。
口臭はカラダの異常を知らせる大切な役割も果たしていますので、
常にクチや息のキモチ悪さを感じるならば、
一度、歯科に相談してみてはいかがでしょうか。

口臭のニオイが強くなるのはこんな時

この生理的口臭は、よくニオう時間があります。
口の中の環境を保つ唾液が少なくなるタイミングです。

朝起きた時のモーニングブレス
お腹が空いた時のハンガーブレス
ストレスや緊張を感じた時のストレスブレス

この3つのタイミングに特に生理的な口臭を感じます。
逆に、これらの口臭は、人間なら仕方ないことです。
このことから「私はクサイんだ…」と悩む必要は全くなく、
健康な証と言えるでしょう。

エチケットの観点から、この生理的口臭の
ニオイを押さえようとするキモチは大切ですが、
生理的な口臭を全く失くすというコトは、
不可能だと覚えておいてくださいね。

日常的に出来るニオイ対策

生理的な口臭は、口の中の唾液が少なくなることで強くなります。

ということは、水分やツバで口の中を潤すようにしておけば、
ニオイは押さえられるということになりますよね。

ツバってなんだかキレイでないような気もしますが、
口の中を浄化する役割を持っています。
殺菌効果があるので、雑菌の繁殖を抑え、消臭の役目を
果たしてくれているのです。

唾液をしっかりと出すには、まずしっかり食事を食べて、
唾液を作り出すシステムを正常に動作させることです。
クチが開きっぱなしになっている人は、鼻呼吸を意識して
口の中を乾かさないようにしましょう。
無口にならずに、楽しくおしゃべりをして過ごしましょう。

食べた後には、水やお茶で
口の中をキレイに保てば、なおベターですね。

また、舌のニオイ対策も気になるならばしておきましょう。
舌につく舌苔(ぜったい)という白いコケのようなものも
ニオイの原因のひとつです。軽くこすり落とすと良いでしょう。

病的な口臭の特徴的なニオイ

悪臭を放つ口臭の原因の代表的なものには、歯周病ですね。
他にも、何らかの病気が原因で、口臭がきつくなる場合があります。

【口内炎症】
 クチやのどなどの炎症。(歯槽膿漏、口内炎、歯肉炎など)
 独特の発酵臭、蓄膿や扁桃腺は肉の腐ったような臭い。

【胃腸疾患】
 胃や腸壁の炎症。(胃炎、胃かいよう、十二指腸潰瘍など)
 飲食物の異常発酵による悪臭ガス。酸っぱいゲップなど。

【肝機能低下】
 肝機能が低下することで、肝臓が処理するニオイが口臭となる。
 かび臭い臭い。

【腎機能低下】
 肝機能が低下すると、血中の尿素量が増え、口や肺に分泌されます。
 アンモニア臭。

【糖尿病】
 唾液の分泌量が減ることによって口臭が引き起こされる。
 生理的な口臭が強くなり、りんごの腐ったような強い臭いも。

どれもコレも特徴的なニオイばかりですよね。(^^;;

生理的な口臭以外に、口臭が気になるのでしたら、
歯科医院や口臭外来などにかかることをオススメします。

子供のクチがクサイ理由

新聞や雑誌の育児の悩み相談コーナーで、よく見かける質問に
「子供のクチがクサい」というお悩みがあります。

こういったケースは、投書した親のコメントに
「気になるので、ちゃんとハミガキさせているんですが…」
とのくだりが、ほとんどあるのが特徴的です。

子供なので、お酒やタバコに関しては無縁ですよね。
歯周病を疑うにも、まだ早すぎますよね。
ですので、原因は、ほとんどが
特に寝起きにキツクなる、生理的な口臭です。

親と子供の接する距離は非常に近いため、ニオイを強く感じたり、
心配するあまり、過剰にニオいを感じる、心理的な原因もあるでしょう。
最近では、鼻呼吸より口呼吸をしている子供が多いのも
口臭がキツイと感じる原因でもあります。
口の中は乾き易いですし、のどを痛めてしまいますので
鼻で呼吸するように、クセを治してあげましょうね。

子供は、親のクチが臭くても、何にも言いません。
実は自分のがクサイなんてこと、あるかもしれない…ですよね。(^^;;

なんか口がクサイ…この臭いの正体は?

メチルメルカプタンって、聞いたことありますか?

いや、体にイイモノなんかじゃありませんよ…!!(^^;;

悪臭の成分…、そうです、これ、クサいんですよ。
どこかで嗅いだことあるハズです。
「あれ?なんかクサイ…?」と思ったら、大体の犯人はコイツです。

腐ったタマネギやキャベツ、下水、古い魚のような生臭さなど、
人が嫌いなニオイに例えられてしまうのですが、
このメチルメルカプタンを発するのは、スバリ歯周病。
歯に歯石や歯垢が蓄積されると、歯周病になって、
もれなく、このメチルメルカプタンの製造工場と化すのです。

これが口臭の大ボスとして君臨しているから恐ろしい。
自分だけがクサイならまだしも、かなり迷惑を掛けています。
どうか日ごろのハミガキと、定期健診を怠らないように。
それだけで、歯周病対策としては十分です。
もし、進行していても、すぐに歯医者にかかれば、
見違えるような改善と予防が期待できますよ。

About 500治療が必要になる口臭とは

ブログ「口臭の原因を知る!正しい口臭対策」のカテゴリ「500治療が必要になる口臭とは」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは400こんな時のおクチはニオうです。

次のカテゴリは600口臭の不思議を解決です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type