口臭の無いさわやかな朝を迎えるためにの詳細

TOPページ > 口臭の無いさわやかな朝を迎えるために
口臭の無いさわやかな朝を迎えるために

ハミガキ不足、口や咽の乾燥、口呼吸、いびき、アルコール…。
これら原因となる要素に心当たりがあるのなら、
それらを改善することで、随分朝の口の気持ち悪さが軽減されます。

まずは、口で呼吸することを避けるために、
便利なグッズを使いましょう。
ドラッグストアには、唇を閉じておくためもテープや、
寝ているときに使えるマスクなどが販売されています。

食事は、アルコール控えめに、寝る3時間前には済ませて、
しっかり口をゆすいで、ハミガキをしておきましょう。
寝るときには、唇を閉じるテープやマスク使って休んでくださいね。

これだけで、随分口のニオイが押さえられます。(^^)

最初は慣れないかも知れませんが、使っているうちに、
口呼吸も改善されて、鼻呼吸が自然にできるようになります。
さらに、風邪の予防にもかなりの効果が期待できますので、
頑張って使い続けましょう。

しかし、元々、歯周病をお持ちで(気付いていないとか)、
歯茎自体が健康でよい状態でないと、
どれだけケアをしても「焼け石に水状態」ですので、
まずは歯や歯茎を健康な状態に保つことが大前提ですよ。

先月、アクセス数が多かった記事BEST3
1位: 緊急時に役立つ口臭防止技
2位: キレイな口元を目指そう
3位: 口臭予防は正しいハミガキから


みんなの口臭体験談
会話をしていて口臭がする人がいます。 ツンと鼻につくような臭いを発している人は確かにいます。 小さい頃に「わぁ」と思ったのはある女友達なのですが甘ったるいような何とも 表現しがたい口臭の子がいたのを今でも覚えています。 しかしながら注意ができるかというとなかなか。 何故なら私自身も胃が悪いので時によっては自分も変な口臭を発している場合が あるかもしれないからです。 なので、口臭自体については注意するというよりも自分の臭いが外に出るのを 防ぎつつ相手のを臭わないようにするという意味で「マスク」をしていることが 多いです。 ただ、こちらに関しても注意はできないのですが年配の人で口臭なのか何なのか 分からないハッカ(=仁○という口内清涼剤?)のような臭いを発している人がたまに いるのですが、あれはかなりひいてしまいます。 もし口臭ではなくそういうものを食べていることにより発せられているとするならば 食べるのをやめた方が良いと注意(あの臭いが好きだという人には申し訳ないですが) したくなります。 あえて注意するとしたら父など自分の身内でしょうか? 性格的にも他人様に「口が臭いよ」だなんて口が裂けても言えません。
おすすめガイド
Copyright © 2012 口臭の原因を知る!正しい口臭対策 . All rights reserved