寝酒が及ぼす悪影響の詳細

TOPページ > 寝酒が及ぼす悪影響
寝酒が及ぼす悪影響

夜ご飯のついでにお酒、寝る前にお酒、ついつい手が出ちゃいます。
特に夜はお酒が似合う時間。
オシャレでもありますし、
夜ご飯に良く合うお酒もたくさんありますし、
付き合いでお酒を飲むこともよくあることですよね。

なんだかんだ言っても、うん、結局、お酒は美味しい♪

でも、夕食や、寝る前にお酒を飲むことも、
朝のさわやかな息を遠ざけています。

お酒をたくさん飲んだ夜や夜中、のどが異常に渇いたりしませんか。
おトイレに行きたくなったりすることもあって
布団から出る羽目になることだってあります。

お酒を飲むことで、利尿作用がひき起され、水分不足になります。
口の中は、そうですよね、カラカラ。
さらに、アルコールを摂ることのよって、筋肉が緩みます。
すると、いびきをかきやすい状態になり、
むき出しになている咽や下の奥も乾燥してカラカラになります。

乾燥からくる嫌なニオイのダブルパンチですよね…!!

質の良い睡眠をとるためにも、
寝る前のアルコールはやはり控えたほうがよいとされています。
口臭だけでなく、カラダを整えるためにも、
寝る前のお酒はストップしたいものです。

先月、アクセス数が多かった記事BEST3
1位: 緊急時に役立つ口臭防止技
2位: キレイな口元を目指そう
3位: 口臭予防は正しいハミガキから


みんなの口臭体験談
会話をしていて口臭がする人がいます。 ツンと鼻につくような臭いを発している人は確かにいます。 小さい頃に「わぁ」と思ったのはある女友達なのですが甘ったるいような何とも 表現しがたい口臭の子がいたのを今でも覚えています。 しかしながら注意ができるかというとなかなか。 何故なら私自身も胃が悪いので時によっては自分も変な口臭を発している場合が あるかもしれないからです。 なので、口臭自体については注意するというよりも自分の臭いが外に出るのを 防ぎつつ相手のを臭わないようにするという意味で「マスク」をしていることが 多いです。 ただ、こちらに関しても注意はできないのですが年配の人で口臭なのか何なのか 分からないハッカ(=仁○という口内清涼剤?)のような臭いを発している人がたまに いるのですが、あれはかなりひいてしまいます。 もし口臭ではなくそういうものを食べていることにより発せられているとするならば 食べるのをやめた方が良いと注意(あの臭いが好きだという人には申し訳ないですが) したくなります。 あえて注意するとしたら父など自分の身内でしょうか? 性格的にも他人様に「口が臭いよ」だなんて口が裂けても言えません。
おすすめガイド
今人気の学資保険について紹介しています。
Copyright © 2012 口臭の原因を知る!正しい口臭対策 . All rights reserved