メイン

200朝起きた時のクチ、臭~い! アーカイブ

2011年11月01日

朝起きたばかりのクチが気持ち悪いワケ

朝起きた時のクチってなんだかキモチ悪くないですか?

「そんなもんだって〜!」と言われてしまえばそうなのですが、
寝起きに好きな人がそばにいるとき、
顔を近づけることにためらいはありませんか?

ケアをしていても、ネバツキやのどの渇き、
息のニオイが気になりますよね。
寝起きは、特に口臭が強くなることに間違いありません。

その理由は、カンタンです。
寝ているときは無防備だからです。

普段はケアをして押さえられているニオイも、
寝ている間はケアなんて出来ませんから、最近はいそいそ活動します。
その結果、もれなく口臭が発生するという仕組なのです。

では、この朝起きた時のクチの不快感、
ちょっとでも改善する方法はあるのでしょうか?

もちろん、あります。(^^)

寝る前に口臭の原因になるものをキレイにして、
寝ている間に細菌の繁殖をできるだけ抑えるようにすることで、
ニオイを押さえることが可能です。

原因になること、気になることから、
朝のイヤなニオイの原因をつきとめていきましょう!

寝る前の行為が命運を分けるカギ

朝のクチのニオイが、前日に自分が食べたものに
関係があるような気がするということ、
誰でもうすうす感じているのではないでしょうか。(^^)
昨日、焼肉食べたからなぁ〜(^v^)
濃いラーメン食べたからなぁ…(^^;;

そうですよね、実はその通りです。

夕食に食べたもの、特に香りの強いにんにくやタマネギ類は、
朝起きる時間になっても、まだニオイが残っています。
少しばかりと飲んだアルコールもニオイの元となり、
さらには口の中を乾燥させて、悪臭の原因を作ります。

特に寝る前に食べたものは、特に要注意。
深夜のテレビを見ながら、ポテトチップスとかつまんでいませんか?
ハミガキをしても、口の中はさわやかになっても、
胃の中のニオイは消えないので、しっかりとニオっていますよ。

これ、ホントです。
相手が知らない顔していても、ハミガキしても
キスできなくなるぐらい、クサイですから…!!(≧≦;)

同じモノを食べている人同士だと、
互いのニオイが気にならないものですが、
しっかり臭っていますので、気をつけましょうね。

ハミガキなしで寝ると細菌は大増殖

クチの中ってキレイなようで、
実はとってもキタナイってこと、知っていますか?
口の中は雑菌がいっぱいで、繁殖しまくっている場所なんです。

怖がることはないのですが、色々な細菌が共存していて、
それぞれにバランスを取りながら、口内環境を維持しています。
しかしながら、悪臭の元となる、虫歯の元となるような
悪い雑菌が増える手伝いをしてしまうことによって、
自らクサイ息を招いていることも考えられます。

例えば、つい、ウトウトしてたら
そのまま寝ちゃって、気付いたら朝で…テヘヘ(*^.^*)

エヘヘ♪ってしてる場合じゃないですよ…!!!
口臭を語る以前の問題です!!

悪い雑菌は食べカスが大好き!

夜は特にが増殖する時間で、非常に活発に活動します。
これは、寝ることで口の中の清潔を保つ唾液の分泌が少なくなり、
そこに食べカスがあれば、
雑菌は大喜びで、いそいそと大増殖するのです。

食後の細菌の数を基準にして、ハミガキしないで寝た場合、
朝起きた時の細菌の数は、約30倍です!!!
お金だったら…お金だったらと思いますけど、
これ、お口をクサクする悪い細菌の数ですから…。(=_=;;

寝る前にハミガキしないことが、どれだけキタナイことか
しっかり肝に銘じましょうね!

いびきや半開きでクチの中は乾燥し放題

いくらハミガキをして寝ても、
口のニオイってなくならないものですよね。
ネバッとした感じ、カラカラに乾いた感じ、
モワッとした息のニオイ、気になりますよね。

ここで問題です。
普段、口の中を潤しているものは何でしょうか?

そうです、ツバですよね。
なんだかツバって言っちゃうと、
あんまりキレイでないような気もしてしまいますが、
とっても重要な役目をしてくれているんですよ。

実は、口の中をキレイに保ってくれているのは、唾液です。

この唾液、口の中の食べカスを洗い流したり、
雑菌を流したり、口の中を潤したり、色々な役目をしているのですが、
寝ている間は分泌が抑えられてしまうんです。

分泌が少なくなると口が渇き、雑菌が繁殖し易くなります。
ニオイがきつくなる、大きな原因となってしまうのです。

寝酒が及ぼす悪影響

夜ご飯のついでにお酒、寝る前にお酒、ついつい手が出ちゃいます。
特に夜はお酒が似合う時間。
オシャレでもありますし、
夜ご飯に良く合うお酒もたくさんありますし、
付き合いでお酒を飲むこともよくあることですよね。

なんだかんだ言っても、うん、結局、お酒は美味しい♪

でも、夕食や、寝る前にお酒を飲むことも、
朝のさわやかな息を遠ざけています。

お酒をたくさん飲んだ夜や夜中、のどが異常に渇いたりしませんか。
おトイレに行きたくなったりすることもあって
布団から出る羽目になることだってあります。

お酒を飲むことで、利尿作用がひき起され、水分不足になります。
口の中は、そうですよね、カラカラ。
さらに、アルコールを摂ることのよって、筋肉が緩みます。
すると、いびきをかきやすい状態になり、
むき出しになている咽や下の奥も乾燥してカラカラになります。

乾燥からくる嫌なニオイのダブルパンチですよね…!!

質の良い睡眠をとるためにも、
寝る前のアルコールはやはり控えたほうがよいとされています。
口臭だけでなく、カラダを整えるためにも、
寝る前のお酒はストップしたいものです。

口臭の無いさわやかな朝を迎えるために

ハミガキ不足、口や咽の乾燥、口呼吸、いびき、アルコール…。
これら原因となる要素に心当たりがあるのなら、
それらを改善することで、随分朝の口の気持ち悪さが軽減されます。

まずは、口で呼吸することを避けるために、
便利なグッズを使いましょう。
ドラッグストアには、唇を閉じておくためもテープや、
寝ているときに使えるマスクなどが販売されています。

食事は、アルコール控えめに、寝る3時間前には済ませて、
しっかり口をゆすいで、ハミガキをしておきましょう。
寝るときには、唇を閉じるテープやマスク使って休んでくださいね。

これだけで、随分口のニオイが押さえられます。(^^)

最初は慣れないかも知れませんが、使っているうちに、
口呼吸も改善されて、鼻呼吸が自然にできるようになります。
さらに、風邪の予防にもかなりの効果が期待できますので、
頑張って使い続けましょう。

しかし、元々、歯周病をお持ちで(気付いていないとか)、
歯茎自体が健康でよい状態でないと、
どれだけケアをしても「焼け石に水状態」ですので、
まずは歯や歯茎を健康な状態に保つことが大前提ですよ。

寝る前にフッ素溶液の含みうがい

「虫歯予防にフッ素を塗る」こんなこと聞いたことはありませんか?

○○素というと、理科の実験を思い出してしまいそうですが、
実際に「フッ素塗布」は歯科医院でしてもらえる
虫歯予防の治療の一種です。

これは私の実体験なのですが、
このフッ素、粉末タイプのものが歯科医院で購入できるんです。
私は1包200円で、200mlの水に溶かして
10回分になるのものを使っています。
ハミガキでも届きにくい歯と歯の間もフッ素コーティングできるので、
寝ている間のセルフオーラルケアの一種ですよね。

使い方は、決められた量の水(水道水で構いません)に溶かして、
1回分の量を口に含んでぐちゅぐちゅと含みうがいをします。
(※飲んではいけませんよ)
後は、せっかくフッ素が口の中に行き渡っているのですから
飲み食いしないで寝てしまいましょう。

これがね、朝起きた時、
ビックリするほど口の中がサッパリするんですよ〜!!

効果は絶大と感じました。本当にはじめての朝は驚きました。
虫歯予防のつもりが、朝の口のサッパリ感まで得られて、
とってもオトクな気になったアイテムでした。
コストパフォーマンスも市販品よりずっといいですよね!
ミントとか余計な味付け(風味付け?)もないので、
とっても使いやすいのです。

フッ素配合の歯磨き粉をつかうのも効果的ですが、
フッ素そのものを使うほうが、より効果が期待できますよ。

About 200朝起きた時のクチ、臭~い!

ブログ「口臭の原因を知る!正しい口臭対策」のカテゴリ「200朝起きた時のクチ、臭~い!」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは100息と人間関係の深いつながりです。

次のカテゴリは300タバコの口臭はなんとかなる?です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type